うらしま堂渡辺つり具店はカスタムロッドビルディング専門店

Blog

休業日のお知らせ(6月、7月)

watanabe 2020年05月31日 

通常の営業時間は、午後1時から午後10時までです』
今のところ、通常どうり営業しています。

6月の休業日(2020年)

1日(月)
8日(月)
15日(月)16日(火)17日(水)18日(木)
22日(月)
29日(月)

7月の休業日(2020年)

6日(月)
13日(月)
20日(月)21日(火)
27日(月)

臨時休業のお知らせです

6月15日(月)16日(火)17日(水)18日(木)

オンラインショップ開店しました。

watanabe 2020年05月15日 

かねてより、ご要望が多かったオンラインショップ・ページができました。
と、言っても、まだまだ掲載商品も少ないので、随時更新してまいります。
(なかなか、つらい作業でとどこおりがちですが。)

ご興味わきましたなら、こちらからどうぞ!!

オンラインショップ

Instagram始めてみました。

watanabe 2020年04月9日 

Unknown「今頃ですか?…」と、言われそうですが、はじめました。

釣りはもちろん、それだけにとらわれず、やっていこうかと。

ご興味ありましたら、軽い気持ちでのぞいてください。

こちらからどうぞ!

Unknown勢いで、Twitterもはじめました。

こちらからどうぞ!

発見しました。

watanabe 2020年04月7日 

 

伝染(うつ)るんです。」

DSC_2004

かたずけをしていて見つけました。

吉田戦車氏作の、4コマ漫画をお題にした、

なんとも薄気味悪い(失礼)ウッドプラグです。

2000年前後に、販売していたのでは。

画像左から、「斎藤(60ミリ、27g 売切れました) 、

「カワウソ(60ミリ、24g)」、「傷の少年(70ミリ、21g)」

各¥1,980(税別)

ご興味わきましたら、ぜひ!

 

FUJI GH-15ハンドル

watanabe 2020年03月11日 

通称『ナタ・グリップ』と、呼ばれていたウッドグリップ仕様です。

木の種類は不明ですが、どちらもクリアーコートされた、自然な風合いです。

デッドストック品のため、細かな傷等があります。

専用フェルールは、NAコネットになります。(詳細はこちらから)

DSC_1970

カスタムカービング・ウッドグリップ

watanabe 2020年03月5日 

フィリプソン・タイプ用として、削りだされたウッドグリップです。

上の黒檀風なグリップは『インド・ローズ』で、

下の紫檀風なグリップが『ココボロ』です。

DSC_1975 DSC_1976

 ウッド  価格 自重
インドローズ(ガングリップのみ) 8,800円 63g
ココボロ(ガングリップのみ)  9,800円 80g
インドローズ(ヘッドのみ)  2,800円

(アルミヘッド付きは4,800円)

  7g
 ココボロ(ヘッドのみ)  3,800円

(アルミヘッド付きは5,800円)

10g

※価格は税別です。

 

アルミヘッドは『パルグリップ』タイプになります。

DSC_1977 DSC_1978

パルヘッド寸法入り パルヘッドGLツバ寸

パルヘッドGL長さ パルヘッドGL外径

 アルミヘッド(金具のみ)  価格 自重
アルマイト・ゴールド 2,000円 30g
アルマイト・シルバー  2,000円 30g

※価格は税別です。

 

謹賀新年!!

watanabe 2020年01月1日 

みなさん、あけましておめでとうごニャいます。

本年も、どうぞ変わらずお付き合いを、お願いいたします。

今年のアタシは、これですニャン。

1894年賀状ai2のコピー

いつものごとく、サボり社っ長のしわざです。

これで10回目ですよ、みなさん。(詳しくはこちらからどうぞ)

あと2回で一周するんですって…

そう聞いたらねぇ、ハンパじゃ終われません。

元気よくいきましょう!! みなさんも!!

今年こそ、災害のない年でありますように!

ではまたニャン

 

続 ラジオ(後編)

watanabe 2019年12月23日 

『OUTDOOR & FISHING』の続きが、放送されました。

79596425_2624922094288630_3700780784169254912_o

いつものバス釣り(船上オヤジ会?)そのまんまに、

しゃべりまくった結果、進行予定グダグダに…。

今回もハチャメチャと、思われますが、ご興味わきましたなら、

YouTube上で、お聴きいただけますので…是非!?。

ラジオ

watanabe 2019年12月16日 

先日永田町で収録の『OUTDOOR & FISHING』が、

YouTube上で、お聴きいただけるようになりました。

79596425_2624922094288630_3700780784169254912_o

ご興味ありましたら、こちらからどうぞ!

本人的には、何しゃべったのか、記憶にございません。

聞くところによれば、『いつものバス釣り、船上オヤジ会、そのまんま』

だそうです。

来週はこの続きであります。

ハッキリ言って、恥ずかしいです。

RODONリールシートのご案内です。

watanabe 2019年11月28日 

RODON(ロドン)、懐かしい名前かと思います。

RODONカタログ

BORON(ボロン)を駆使したフライロッドや、そこにかかわるパーツ、

また、フライラインまで…と、こだわりのメーカーでした。

1990年半ばに(定かではありません)、フライラインでお馴染みの、

CORTLAND(コートランド)社が買収しました。

が、その後はどうなったのか…?。

当方には、1997年に当時の国内代理店経由で、ロッドパーツのみ

入荷しました。

届いた荷物を開け『おお!RODONだぁ!』と喜んでみたものの、『仕上げ、雑っ!』

『RODONの文字、一言も無いじゃん!』と、ご紹介もしておりませんでした。

(カタログ(1982年)にのせてある、CORTLANDブランドになります)

が、近頃、このような、『見た目、普通な』リールシートが少なくなり、

ご案内となりました。

「ウッドスペース・リールシート」

アップロック、ダウンロックがあります。

¥3,900(税別)

D:Lキズ

 

「オールアルミ・リールシート」

¥3,900(税別)

オールアルミ・キズ

拡大画像をご覧いただくと、その『仕事っぷり』が、

ご確認いただけます。

『荒い仕上げもアメリカ〜ン』と、

ご共感いただけたなら幸いです(笑)。

RODONリールシートのページへは、こちらから。

 

CORTLANDのロゴのみで、RODONの文字はありません。

ヘッダー

TOPへ