The Custom Rawhide
(ザ カスタム ローハイド)

懐古主義?いいや実力主義

スウェルバットが作り出す
しなやかだがコシのあるアクション
あのグラスロッドとは一味違う。

Rawhide
Rawhide Rawhide

 

“Swell in Butt Fiberglass Topwater Rods”
「ビッグサイズのトップウォータープラグをガンガン投げたい!」
ザ カスタム ローハイドはそんなトップフリーカのためのロッドです。
しなやかでありながら粘り強いグラス素材と、逞しく盛り上がったバット(スウェルバット)がそのパワーの源です。
ブランクカラー:オックスブラッドレッド

The Custom Rawhide Fiberglass
Topwater Rods
モデル 全長 継数 Action パワー ルアー(oz) ライン(lb) ブランク キット 完成品

5010
4’7″ 1 Medium Slow Light 1/4~5/8 6~12 8,800円 23,000円 34,500円
5020 Medium 5/16~1 8~12

5105
5’0″ L Light 3/16~4/7 6~12
5110 Light 1/4~5/8 6~12
5120 Medium 5/16~1 8~12
5130 Medium Heavy 1/2~1+ 12~20

5605
5’6″ L Light 3/16~4/7 6~12
5610 Light 1/4~5/8 6~12
5620 Medium 5/16~1 8~12
5630 Medium Heavy 1/2~1+ 12~20
6006 6’0″ Light 1/4~5/8 6~12
6010 Medium 5/16~1 8~12

 

PEラインご利用の皆様へ

リールドラグをガッチリ締め込むのは、絶対におやめください。
破損の原因となります。
ラインの伸びが、極めて少ないPEラインの場合、リールやロッドに
ダイレクトで衝撃が伝わります。
アタリに合わせた瞬間や、引っかかったルアー をはずすべく、
ロッドをあおったり、また、大物による猛烈なヒキ…等々、
伸びのあるナイロンラインとは、まったく違います。

 

仮に、ラインを30ポンド(2号)とすると、引っ張り強度は約15kgです。
バスタックルとしての、リールやロッドの限界を、はるかに超えています。
40ポンド、50ポンドとなれば、リールやロッドの負担は、
さらに高くなり、破損につながります。
また、しなやかなラインゆえ、ガイドやロッドティップにからむ事も、
起こります。
気づかず使用となれば、破損度は更に高まります。

 

必ず!リールドラグの強さ調整を
ロッドガイドに通したラインを引っ張り、限界手前で
ジワジワとラインが出ていくよう、調整をしてください。
ラインを引く際には、真下ではなく、トップガイドから出たラインと
ロッドの角度が、90度より広くし、調整してください。
角度が狭いと、ロッドティップ周辺のみになり、
全体でためるという、ロッド本来の強さをはかれません。
以上をご理解いただき、必ず実行していたきますよう、
お願いいたします。

 

◇ブランク、キット、完成品、カスタムビルドとは?